首こり・肩コリ・頭痛・背痛・腰痛

そのコリや腰痛、いつが一番ツラいですか?

 朝起きた時、何かした後、夕方、一日中?

 

朝起きた時にツラい方は、

枕とマットレスや敷布団が原因の方が多いんです。

 

でもそのツラさ、

実は体型によって寝姿勢が変わり、痛む原因が違うんです。

あなたは、何タイプ?

全身を計測する西川のフルボディトレーサーで計測すると、

あなたの姿勢が分かります。


大きく分けると6タイプです。

姿勢判定 6体型の中で、あなたはどれ?
姿勢判定 6体型の中で、あなたはどれ?

6 体型 タイプによる違い

Wライン・Sラインタイプ

姿勢判定 6体型 Wライン・Sラインタイプ

背中とお尻が同じくらい出ているあなたは、

固いところに寝ると首元と腰、足が浮いて隙間ができます。


この浮いてる隙間を支えるのは筋肉なんです。

一晩中 肩と腰を持ち上げていると、

朝起きた時にはすっかり筋肉が疲れてコリや痛みが出てきやすいのです。


また

真っすぐな寝姿勢だと足が少し浮くのですが、

もちろん重力に負けて足が下がりますよね。

その状態だと腰の筋肉が足に引っ張られてしまいます。


ヒップタイプ

姿勢判定 6体型 ヒップタイプ

背中よりもお尻が出ているあなたは、

枕がいらないと思っていませんか?


仰向きに寝る時は、

頭がお布団に当りやすいのであまり必要ありません。


でも、仰向きで寝るのはキツくありませんか?


足が大きく浮くので、足を下げた時の腰への負担も大きくなりがち。

しかも

頭から首・肩で体重がしっかり支えることになるので、

肩や首のコリもツラそうです。


仰向きに寝るのはあちこちに負担がかかって寝にくく、

ヒザを立てて寝る人も多いんです。


それでもきつくなって、すぐに横向き寝をしますよね。


横向き寝をすると

横向き寝をすると、

枕は肩から頭までの高さとなり、仰向きより高く必要です。


なので、

仰向き寝に合わせて低い枕やバスタオルで寝ていると、

横向きになった時に重たい頭を支えるために首と肩が疲れてしまうんです。


頭の下に手を入れて寝たり、

下になっている肩や腕が痛くなったりしびれたりしませんか。


背出タイプ

姿勢判定 6体型 背出タイプ

お尻よりも背中が出ているあなたは、

首や肩のスキマが大きく空きやすく、高めの枕が好きではありませんか?


枕は

仰向きで高いのが合いやすいので、横向き寝の高さとも同じくらいになりやすく、

高くて大きめの枕を好む方が多いのです。


これで良さそうな気がしますが、肩が浮くんです。

そのため、肩コリで悩んでいる方が多くいらっしゃいます。


その悩み、一般的な枕ではなかなか改善できませんよね。


そんなあなたにおススメしたいのが、


「 オーダーメイド枕 」


当店のオーダー枕は、

専用の計測器「フルボディトレーサー」で仰向き寝と横向き寝の枕の高さを測り、

あなたの寝姿勢を判定します。


出ている所を沈めて、スキマは押し上げる、

理想の寝姿勢も分かります。


ぜひ一度、ご体感ください!

▲このページのトップへ