睡眠アプリ

こんにちは、

ベッド&オーダー枕専門店

睡眠環境・寝具指導士

和多屋八代目店長の遠山です。

 

 

最近、スマホの睡眠アプリが人気です。

 

自分の睡眠サイクルや熟睡度を測ってくれたり、

いびきを録音してくれるアプリもありますが、

使ってみたことありますか?

 

アプリの種類によっても様々ですが、

睡眠外来で泊まって検査する「睡眠ポリグラフ」の

簡易版のようなもので、下のようなグラフが出ます。

 

POLAR ポラール 睡眠トラッキング機能

 

これは一例ですが、

ポラールというメーカーの

睡眠トラッキング機能で表示されます。

 

このグラフは睡眠深度を

「軽い」「深い」「レム」「中断」に

分けて表示されています。

 

これで眠りの深さやサイクルが分かります。

 

これは寝返りなどカラダの振動を感知して

眠りのステージを判断しています。

 

スマホでの検知には限界があるので、

腕時計型やセンサーをマットレスの下に置くタイプなど

もっと詳細に

心拍や呼吸を検知するものもあります。

 

また

いびきを感知していびきの量をグラフ化するアプリもあります。

 

これはいびきをかいた時だけ録音してくれるので、

自分では分からないいびきを聞くことが出来ます。

 

いびきラボ(いびき対策アプリ)

 

私も色々と試してみましたが、

睡眠深度を表すポリグラフが

スマホの加速度センサーを使用したタイプは

大雑把すぎて波形の理解に苦しむものが多く、

いまいちな感じでした。

 

そこで腕時計タイプを試してみると、

詳細なデータが得られて楽しくなってきました。

 

腕時計タイプでも脈を測るセンサーの数が違ったり、

緑色のLEDで測るものが多いのですが

赤のLEDを併用することでより詳細でロストすることが

少ないものがありました。

 

 

 

IGNITE / POLAR ( イグナイト / ポラール )

 

センサーがイマイチだと

同じ心拍や脈拍で止まったままだったり、

データが取れてない状態が多かったりしました。

 

睡眠トラッキングの精度を高めるためには

センサーが重要です。

 

センサーでいくと、

腕時計よりもさらに精密なのが

マットレスの下に敷くタイプ。

 

私が試して良かったものは、

パラマウントベッドの「Active Sleep ANALYZER」。

 

これは病院や介護施設での実績が豊富な医療用センサーを

家庭用にしたもので、

厚いマットレスを通しても心拍と呼吸を精密に計測してくれます。

 

Active Sleep ANALYZER(アクティブスリーブ・アナライザー)/ パラマウントベッド

次回は、

これらのアプリや計測器を使った

データについて検証します。

 

お楽しみに!

 


 

FIT LABOのオーダーメイドマットレス 

今だけ!キャンペーン開催中!

 

FIT LABOのオーダーメイドマットレス by 日本人の眠りを研究し続けて450年の西川
FIT LABOのオーダーメイドマットレス

 

おかげさまで

西川リビングのオーダーメイドブランド

「FIT LABO(フィットラボ)」のご愛用者が

 

なんと、

 

20万人を超えました!!!

 

みなさま、ご愛用ありがとうございます。

 


枕とマットレス専門店 スリープキューブ和多屋 「フィットする眠り」で検索!
枕とマットレス専門店 スリープキューブ和多屋 「フィットする眠り」で検索!

 

ベッドとオーダー枕 専門店

SLEEP CUBE WATAYA (スリープキューブ和多屋)

 

睡眠の向上と疲れにくくなると実証された

安眠のためのオーダーメイドの枕とマットレスをご体感ください。

 

 1F FIT LABO(フィットラボ)

 2F マニステージ福岡

 

お問合せ・ご予約 はこちらへ

電話(092)715 - 1905

 

営業時間 10:00~19:00

 (日曜 12:30~18:00)

 

 

( 定休 : 火曜日 )

 

「フィットする眠り」で検索!

 


スリープキューブ和多屋 

電話092-715-1905